香水はTPOをわきまえて

女性は、男性よりも香りに敏感なことが多いと思います。
「相手に好印象を持って欲しい」という思いから、身だしなみの1つとして香水を利用する人は多いでしょう。しかし、使い方を間違えてしまえば相手に不快感を与えてしまい、逆効果になってしまうことがあります。

特に、職場においてはプライベート以上に気を使うことが重要です。職場は仕事をするために来ている場所なので、特別な職種でない限りつけない方が好ましいでしょう。
たとえ自分にとってはいい香りでも、1日中その香りをかがされていたら、他人は不快に思う場合が多いです。中には、香りに影響されて体調不良になってしまう人もいます。
同僚が、「香水をつけないでほしいけれど、指摘がしにくい」と我慢してストレスを溜めているケースは少なくありません。

特に事務職などの場合は、においが部屋中に充満してしまうため、嫌がられることが多いです。
その他、介護職などの人に接触するような仕事や、食事の香りと混ざってしまう飲食店なども香水はNGでしょう。

それでも、「自分の体臭をごまかしたい」、「どうしても香水をつけたい」という場合は、香りをつけすぎないように考慮しましょう。
香水を上に向かってワンプッシュしてその中をくぐり抜けるなどして、つけすぎないように工夫することが大切です。
加えて、香りの選び方も大切です。女性はついつい甘い香りを選びがちです。甘いだけの香りは好みが分かれやすいので、一般的に好印象な柑橘系やソープ系など、爽やかな香りを選ぶようにしましょう。

時と場所に合わせて、好きな香りを楽めるようにすると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です