マナーアップデオドラント講座

初夏から夏にかけては気温や湿度が高いため、たくさんの汗が出ます。そのため、汗の匂いがどうしても気になってしまいますね。

そこで、匂いエチケットを守る方法の一つとして、デオドラント製品がよく使われます。
デオトラントは体臭で他人を不快にさせない配慮ができるグッズとして広く普及しており、コンビニなどでも手軽に入手できます。確かにデオドラントは便利な道具です。一方で、度が過ぎるとかえってトラブルを引き起こす原因になることもあります。
体臭の匂いが消えていても、デオドラント自体の匂いがきつければ人を不快にします。強すぎない香りの商品を使い、常に周りの人に気を配ることが大切です。「デオドラントでケアしているから大丈夫」と思い込まないことも、重要と言えます。

しかし、中にはこのような匂いの問題に気づいていない人も少なくありません。
まずは本人が問題を意識し、トラブルになっているかどうかを確認する必要があります。
体臭をデオドラントで消す際、自身の匂いを客観的にチェックすることはなかなか難しいことです。そのため、周囲の人に確認してもらうのが一番確実な方法と言えます。仲の良い友だちや、家族に実際嗅いでもらうのがよいでしょう。始めは少し恥ずかしいかもしれませんが、客観的に匂いの問題を知ることができます。

最近は、匂い問題を「スメルハラスメント」として、しっかりと対処する企業が増えました。体臭・タバコ・香水など、不快な匂いへのアドバイスや対処を行い、過ごしやすい職場環境の整備が行われています。
自分の匂いが問題にならないよう、十分気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です